格安SIM できないこと

格安SIMでは出来ないこと

格安SIMでは出来ないこと

格安SIMは、キャリアの回線を借りて通信しており、同じ端末を安く使えます。ドコモ回線ならドコモの端末、au回線ならauの端末が使えます。SIMロック解除をしたり、SIMフリーの端末を用意すればどちらの回線でも関係なく使えるようになります。

 

MNPを行えば、キャリアのときに振り分けられた電話番号を使うこともできますし、反対に格安SIMからキャリアに乗り換える際も電話番号なら引き継げます。

 

ただし、キャリアから乗り換える際は、メールアドレスは引き継げません。
キャリアのメールは、キャリアメールといい、「docomo.ne.jp」「ezweb.ne.jp」「softbank.ne.jp」とドメインが入っています。
格安SIMを使用するには、キャリアを解約し回線を借りているMVNOで契約するため、使える回線は同じでも非契約者となったキャリアのアドレスは使えません。

 

キャリアメールが出来ないため、格安SIMではフリーメールを使ってメールします。
yahooメールなどプロバイダーのサービスのフリーメールや、Gmailなど元々入っているものもあります。
MVNOでは独自のフリーメールサービスを提供しているところもあります。

 

スマホにした場合、多くはLINEメインになるためメールはあまり使用しません。

 

もうひとつ、キャリア決済が出来ません。

 

ドコモのコンテンツ決済サービス、auのauかんたん決済、ソフトバンクのソフトバンクまとめて支払いなどです。
ソフトバンクはMVNOに向けて回線を提供していないため、SIMロックを解除しなければ格安SIMを使うことはできません。

 

携帯料金と共に、有料コンテンツの決済を行うキャリア決済ですが、これもキャリアと解約してしまうため使えなくなります。

 

アプリではLINEのID検索が出来なくなります。

 

LINEのID検索には、年齢確認が必要です。
年齢確認はキャリアに登録され生年月日で行うため、こちらも解約してしまうと使えなくなります。

 

その後は、ふるふるやQR、グループを介した登録で友達に追加しましょう。
格安SIMでLINEの友達登録をしたい時は、QRコード、ふるふるを利用しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
格安SIMを比較 格安SIMとは? 格安SIMの種類 格安SIMの選び方