データSIM 通話 IP電話

データSIMで通話する方法

データSIMでも電話ができる?

格安SIMには音声通話SIMとデータSIMという2種類があります。
データSIMでは電話をかけたり受けたりできないため、電話番号同士でやり取りするSMSメールを使うために「SMSオプション」をつける必要があります。

 

データSIMで行えるのは、モバイルデータ通信だけです。インターネットやSNSなどを見たり投稿することが可能です。
ですから、ネットを通じて送信するフリーメールやラインでのメッセージのやり取りはできます。

 

ラインには無料通話機能がありますよね。音声通話SIMでなくても、インターネット通信を介して通話を行うことができます。
他にはSkypeもネット通信で音声・映像通話が可能です。

 

ラインやSkypeで電話はできますが、電話番号があるわけではありません。
電話番号が無いなら公式の場での書類登録ができないなど不便なことも多いです。

 

実は、データSIMにも電話番号を取得して通話できる方法があるんです!

その方法とはIP電話アプリを使うというものです。

 

IP電話は、LINEの無料通話やSkypeの通話と同じようにネット通信を介して音声を送受信します。
MVNOが配信しているIP電話で050の電話番号を与えられます!

 

さらにアプリなので、機種変更しても番号が変わることがありません。インストールするだけで簡単に使えるんです。

 

 

「データSIMで通話できる方法」として紹介していますが、音声通話SIMにもIP電話アプリを入れると良いことがあります!
それは、本来の080あるいは090の番号とは別に、同じ端末にもう1つ電話番号を割り当てられるところです。
仕事で自分の携帯を使っている方もいるでしょうが、取引先の人に個人の携帯番号を教えることに抵抗がある人もいるでしょう。

 

番号が2つあれば、プライベート用と社用で端末が1つでも振り分けられますよ。


ホーム RSS購読 サイトマップ
格安SIMを比較 格安SIMとは? 格安SIMの種類 格安SIMの選び方